御相談・御見積もり無料です!! h-ishii@kub.biglobe.ne.jpへメールして下さい
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年04月20日 (木) | 編集 |
b-67.jpg
二週間掛かって襖の芯材が届きました。

b-68.jpg
寸法に切った組子、組み合わさる部分に接着剤を付けてます。

b-69.jpg
組み上げた芯材、周りの縁を組み付ける前です。

b-70.jpg
一回目の下貼りです。

b-71.jpg
二回目の下張りです。透けないように色紙を使います。

b-72.jpg
貼り付けている様子です。

b-73.jpg
乾かしています。
b-74.jpg
三回目の下貼りです。田の字のを書くようにに糊を付けます。

b-75.jpg
乾かしています。完全に乾いたところで現場で建て付けを合わせます。

b-76.jpg
襖の反りが悪いので引きの強い紙を貼って調整しています。

b-77.jpg
紙の厚みを削いています。

b-78.jpg
四回目の下貼りです。袋貼りと言います。継ぎ目はくいさきしています。

b-79.jpg
袋貼りの様子です。


b-80.jpg
上貼りは京から紙をを使っています。

b-81.jpg
上貼りが乾いて、縦縁を打ち終わり、天地を入れています。縁は本漆の艶消しを使ってます。

b-82.jpg
引き手も京都から取り寄せました。

b-83.jpg
仕上がりました。

b-84.jpg
オーバルの引き手初めて使いました。

久しぶりの新規襖で上貼りの紙・本漆艶消しの縁・引き手も高級でしたので気合い入りました。
オーバルの引き手を付けた襖の縁は見付きが5分の細縁ですっきりとした出来上がりになりました。


b-85.jpg
一間の押し入れを仏壇入れにしたので四枚立ての襖で仕上げました。

b-86.jpg
仕切り四枚立て襖(座敷側)、障子も貼りました。

b-87.jpg
仕切り四枚立て襖(次の間側)と入り口二枚立て襖

b-88.jpg
地袋に枚立て襖、揉み紙で仕上げました。

b-89.jpg
外観の一部です。

これで私の仕事は完了しました!!
縁が本漆だったので腕がかぶれてしまい病院へ行ってきます(笑)










スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。